調査情報デジタル

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリ…

調査情報デジタル

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。2024年5月末日をもって定期購読マガジン(月200円)は廃刊し、6月から無料化(毎週末配信)します。バックナンバーも変わらず無料。

マガジン

  • 定期購読マガジン「調査情報デジタル」

    TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。なお、2024年5月末日をもって定期購読マガジンは廃刊し、6月から完全無料(毎週末配信)へ移行予定。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

定期購読マガジンの廃刊と完全無料化のお知らせ

 「調査情報デジタル」は2024年5月末日をもって定期購読マガジンを廃刊し、完全無料へ移行する予定です。6月からは無料で読めるウィークリーマガジンとして、週末ごとに記事を公開・配信します。また、バックナンバーも従来通り無料でお読みいただけます。 定期購読者のみなさまへ永らくのご購読、誠にありがとうございます。 定期購読マガジンは5月末日をもって廃刊となり、購読契約はそのタイミングで自動的に解約されますので、購読者の方ご自身による、廃刊に伴う解約手続きは必要ありません。

    • 5月号 ラインナップ

      『調査情報デジタル』は60年以上の歴史を刻んだ雑誌『調査情報』を承継し、webマガジンとして活動を続けております。毎月、メディア論やメディアリテラシー、テレビや社会に関連する論考等を中心に記事を公開しております。2024年5月7日配信のラインナップをお知らせいたします。 【山梨県知事インタビュー拒否問題の裏側~我々が質問削除を断った“当たり前”の理由~】 山梨県政にも飛び火した自民党の「裏金問題」。地元のテレビ山梨は、二階派の一員だった長崎知事のインタビューでこの問題を掘り

      • 山梨県知事インタビュー拒否問題の裏側 ~我々が質問削除を断った“当たり前”の理由~

        芹沢 年延(テレビ山梨報道部 県政担当キャップ) 

        • 「ポリコレ」考――「ポリコレ」と「表現の自由」との共存は可能か

          志田 陽子(武蔵野美術大学教授)

        • 固定された記事

        定期購読マガジンの廃刊と完全無料化のお知らせ

        マガジン

        • 定期購読マガジン「調査情報デジタル」
          ¥200 / 月

        記事

          きわめて有効なSNS上の誹謗中傷対策とは

          森山 史海(NPO「ビリオンビー」理事長)

          きわめて有効なSNS上の誹謗中傷対策とは

          「犯罪加害者家族」という存在

          坂野 剛崇(大阪経済大学 人間科学部教授)

          「犯罪加害者家族」という存在

          文字起こしエディタ「もじこ」最前線 ~ITの荒波に乗り、文字起こしのその先へ導く~

          近藤 慎吾(TBSグロウディア 「もじこ」開発担当)

          文字起こしエディタ「もじこ」最前線 ~ITの荒波に乗り、文字起こしのその先へ導く~

          放送界の先人たち~兼高かおる氏

          放送人の会

          放送界の先人たち~兼高かおる氏

          <シリーズ SDGsの実践者たち> 第32回 「ブルーカーボン」の可能性とは

          「調査情報デジタル」編集部

          <シリーズ SDGsの実践者たち> 第32回 「ブルーカーボン」の可能性とは

          データからみえる今日の世相~どこまでやる?家の中の整理~

          江利川 滋(TBS総合マーケティングラボ)

          データからみえる今日の世相~どこまでやる?家の中の整理~

          視聴者の声~4月ドラマをめぐる声

          菊 薫子(TBSテレビ カスタマーサクセス部)

          視聴者の声~4月ドラマをめぐる声

          4月号 ラインナップ

           『調査情報デジタル』は60年以上の歴史を刻んだ雑誌『調査情報』を承継し、webマガジンとして活動を続けております。毎月、メディア論やメディアリテラシー、テレビや社会に関連する論考等を中心に記事を公開しております。2024年4月1日配信のラインナップをお知らせいたします。 【能登半島地震で広がった「インプ稼ぎ」とメディアの役割】 能登半島地震でも広がったSNS上のフェイクニュース。しかしこれまでのフェイクの拡散とは異なる特徴があった。キーワードは「インプ稼ぎ」そして「悲劇の

          4月号 ラインナップ

          能登半島地震で広がった「インプ稼ぎ」とメディアの役割

          平 和博(桜美林大学リベラルアーツ学群教授) はじめに 能登半島地震をめぐるソーシャルメディアの情報の混乱では、これまでのフェイクニュース(偽情報・誤情報)拡散とは異なる特徴があった。収益目的と見られる、コピー投稿が押し寄せたことだ。「インプ稼ぎ」と呼ばれ、ソーシャルメディアの新たな問題になっている。情報空間の汚染を食い止めるには、ソーシャルメディアの対策強化に加えて、メディアの後押しも必要だ。 フェイクニュースをコピーし拡散 2024年元日の午後6時19分、能登半島地震

          能登半島地震で広がった「インプ稼ぎ」とメディアの役割

          2023年度下半期ドラマ座談会・後半(1月クール)

          影山 貴彦(同志社女子大学教授) 田幸 和歌子(フリーライター) 倉田 陶子(毎日新聞記者) “おっさんのアップデート”が2作品影山 それでは、1月期にいきましょう。 田幸 1月期でどうしても語らなきゃいけないのが「不適切にもほどがある!」(TBS)と「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(東海テレビ)の2本の“おっさんのアップデート”だと思います。  中でも「おっさんのパンツ」は、LGBTQ当事者の方々も割とご覧になっていて、自分自身の経験と重ねて見ていて、

          2023年度下半期ドラマ座談会・後半(1月クール)

          「心情等伝達制度」とは何か

          齋藤 実(琉球大学法科大学院教授・弁護士) 心情等伝達制度の運用の開始 2023年12月1日から、「刑の執行段階等における被害者等の心情等聴取・伝達制度」(心情等伝達制度)が始まった¹。  この制度は、被害者等(家族や遺族が含まれることから「等」と表記される。)が自らの心情や置かれている状況など(まとめて「心情等」と呼ぶ。)を、刑務所に収容されている受刑者や少年院に収容されている少年に伝えるものである(以下では、受刑者と少年をあわせて「加害者」とする。)。  今までは、

          「心情等伝達制度」とは何か

          放送界の先人たち~磯村尚徳氏

          放送人の会 放送人の会とは 一般社団法人「放送人の会」という団体があります。NHK、民放、プロダクションなどの枠を超えて、番組制作に携わっている人、携わっていた人、放送メディアおよび放送文化に強い関心をもつ人々が、個人として参加している団体です。  「放送人の会」では、「放送人の証言」として215人におよぶ大先輩たちのロングインタビューを映像として収録しており、この記録を文化財として社会に還元することを目的として、iU(情報経営イノベーション専門職大学)とともにデジタルア

          放送界の先人たち~磯村尚徳氏