5月号 ラインナップ
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

5月号 ラインナップ

調査情報デジタル

 『調査情報デジタル』は60年以上の歴史を刻んだ『調査情報』の休刊にともない、2021年4月よりペーパーレス化に踏み切り、新たなスタートを切りました。メディア論やメディアリテラシー、テレビに関連する論考等を中心に活動を続けております。2022年5月9日配信のラインナップをお知らせいたします。

【フェイクニュースをめぐる、終わらない争い】

 フェイクニュースについての議論には「事実は一つで、誰もが同じように認識する」という暗黙の前提がある。しかしこの前提は自明だろうか。メディア・コミュニケーション論を専門とする見城武秀成蹊大学教授の論考。

【メディアリテラシーの有効性と限界】

 メディアリテラシーはフェイクニュース対策としてどこまで有効なのか。そもそも偽情報・誤情報対策の目的は何なのか。そこまでさかのぼって考えた時に見えてくるものは。インターネット、メディア効果論を専門とする小笠原盛浩東洋大学教授の論考。

【コロナ禍の若者が抱える深刻な「孤独」】

 コロナによって若者の抱える孤独は深刻化し、「死にたい」と訴えるケースも急増している。彼らに必要な支援とは。若者の支援を続けるNPO法人理事長による現場からの報告。

【札幌道警ヤジ排除問題と表現の自由】

 安倍首相(当時)にヤジを飛ばした人物が警察官に強引に移動させられた。これを不当として起こされた訴訟。表現の自由をめぐる裁判所の判断は?

【東日本大震災11年、震災報道は始まったばかり】

 震災から11年。ともすれば「10年」を一区切りと考えがちだ。しかし復興への道はいまだ険しく、地元放送局の風化に抗う努力は続く。

【「理想の再生エネルギー」地熱の活用を阻むもの(連載企画 SDGsの実践者たち)】

 二酸化炭素を排出せず、原料の輸入も不要な地熱発電。しかも日本は世界3位の地熱資源量をもっている。ところが地熱発電の割合は0.3%。いったいなぜなのか。

【データからみえる今日の世相~戦争に対する意識】

 日本人の「戦争」に対する意識は21世紀のある時点から大きく変わった。その変化と世代差、男女差を考察する。

【視聴者の声 視聴者を置いてけぼりにしないために】

 4月は番組表が大きく変わるが、視聴者に寄り添う姿勢は変わらない。コロナ禍、ウクライナ情勢と不安な日々の続く中、視聴者から届く様々な声。

次回配信は6月6日(月)予定

【バックナンバー記事まとめ】 はこちらから

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
調査情報デジタル
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディア等に関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。