マガジンのカバー画像

定期購読マガジン「調査情報デジタル」

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが… もっと読む
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が… もっと詳しく
¥200 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

5月号 ラインナップ

 『調査情報デジタル』は60年以上の歴史を刻んだ『調査情報』の休刊にともない、2021年4月よりペーパーレス化に踏み切り、新たなスタートを切りました。メディア論やメディアリテラシー、テレビに関連する論考等を中心に活動を続けております。2022年5月9日配信のラインナップをお知らせいたします。 【フェイクニュースをめぐる、終わらない争い】 フェイクニュースについての議論には「事実は一つで、誰もが同じように認識する」という暗黙の前提がある。しかしこの前提は自明だろうか。メディア

スキ
3

フェイクニュースをめぐる争いとメディア・リテラシー 

見城 武秀(成蹊大学文学部現代社会学科教授)

スキ
3

フェイクニュース対策としてのメディアリテラシーの有効性と限界を考える

小笠原 盛浩(東洋大学社会学部教授)

スキ
3

コロナ禍の若者を取り巻く孤独の状況について

大空 幸星(NPO法人あなたのいばしょ 理事長)

スキ
3

札幌道警ヤジ排除問題と表現の自由

山﨑裕侍(HBC北海道放送 報道部デスク)

スキ
4

データからみえる今日の世相~「戦争」をリアルに意識することの意味

江利川 滋(TBS総合マーケティングラボ)

スキ
3

視聴者の声~視聴者を「置いてけぼり」にしないために

村田 典子(TBSテレビ視聴者サービス部)

スキ
1

<シリーズ SDGsの実践者たち> 第8回「理想の再生エネルギー」地熱の活用は進むか

「調査情報デジタル」編集部

スキ
3

東日本大震災11年、震災報道は始まったばかり

野口 剛(tbc東北放送報道部)

スキ
3

「調査情報デジタル」バックナンバー記事まとめ

 調査情報デジタルはテレビ、メディア等に関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。これまで調査情報デジタルで公開してきた記事を、記事テーマ別でまとめています。気になる記事を見つけてみてください。 ■新型コロナ■メディア■テレビエンタメ■テレビ報道■スポーツ■オリンピック■SDGs■経済■社会■追悼■データからみえる今日の世相■視聴者の声 調査情報デジタルはテレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新

スキ
4