見出し画像

データからみえる今日の世相

【バブル経験世代はやっぱり〇〇が好き⁉テレビ局の膨大なデータと『コーホート分析』から見えてくる時代の移り変わり】

江利川 滋(TBS総合マーケティングラボ)

 1970年代から毎年続いている「TBS総合嗜好調査」。その中の「好きなごはんもの・めん類・パンなど」のデータで、前々回は東西の上位ランキングを比較し、前回は40年以上にわたるトレンド変化を追いかけました。
「そりゃ時代が変わればトレンドも変わるよね」とお思いなら、ちょっと待った。トレンド変化の要因は時代だけじゃないんです。
 今回は「好きなごはんものなど」シリーズ(?)の締めくくりとして、好きな食べ物のトレンド変化がどのような要因で起こっているのかを、コーホート分析という統計手法で明らかにしてみます。

この続きをみるには

この続き: 2,507文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」がデジタル版でリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載します。ドラマ、バ…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
3
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。