定期購読マガジン「調査情報デジタル」

固定された記事
コロナ禍が日本と日本人にもたらしたもの
+3

コロナ禍が日本と日本人にもたらしたもの

【経験の乏しい感染症危機に直面した日本。「自粛と要請戦略」は正しく機能したか。国民の不安が取り除かれなかった要因を考察する】 西田 亮介(東京工業大学准教授) 乏しかった感染症危機の経験、対策、備え 1年半近い期間に渡ってコロナ禍が続いている。感染は拡大と縮小を繰り返すことから、波に例えられることがある。本稿執筆時点は第5波の渦中にあるとされ、まだ収束がいつになるのかは見通し難い事態が続いていることになる。  コロナ禍は国民生活、経済、政治に多大な影響を与えており、明らか

スキ
2
東京オリンピックとはなんだったのだろうか
──不都合な事実とパラレルワールド──
+8

東京オリンピックとはなんだったのだろうか ──不都合な事実とパラレルワールド──

 【未曽有のコロナ禍の中、「強行」された東京オリンピックを振り返り、総括する】 阿部 潔(関西学院大学社会学部教授)  どこかあっけなく、なにか物足りなく、それでもそこそこ楽しまれ、けれどまったくスッキリすることなく終わった、この夏の世紀のメガイベント。今、わたしが抱く東京2020オリンピックの印象は、そうしたものだ。はたして、東京大会はコロナ禍で敢行されたスポーツと平和の祭典として成功したのか。危機のただなかでオリンピックを迎え入れた東京/日本で暮らす人びとは、世界中か

スキ
3