新型コロナ第5波であふれる情報 私たちはどう伝えるのか
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型コロナ第5波であふれる情報 私たちはどう伝えるのか

【コロナ禍の中、「家庭内感染」や「妊婦のワクチン接種」など正確かつ慎重に伝えなくてはならないテーマをテレビ局はどう伝えてきたか】

古川 修(CBCテレビ報道・情報制作局報道部長)

 「感染はまさに驚異的な状況に陥っていて、暴風雨のまっただ中で先は見えない」
 8月27日(金)の会見で愛知県の大村知事がこう表現した新型コロナウイルス第5波の猛威。CBCテレビの放送エリアである東海三県のこの日の感染者は、愛知が2340人で過去最多、岐阜308人、三重423人。エリア累計は10万人を超え、100人に1人が感染している計算になった。
 名古屋地区の平日夕方ニュース枠は夕方4時~夜7時。各局がコロナ報道一色になっている。新規感染者数の速報、知事会見のまとめ、感染防止対策の呼びかけ、L字画面での情報。これらベースとなる情報に、どんな取材を加えるとエリアの視聴者の役に立ち、感染拡大防止につながるのか。日々、考えながら放送に臨んでいる。

9④ 画像②-2

 愛知・岐阜・三重の3県が緊急事態宣言の対象エリアに追加された8月27日(金)夕方の放送では、新型コロナに関するニュースを約27分間扱うことになった。キャスター、コロナ関連ニュースの専属デスク、取材にあたるスタッフが、朝の全体打合せを終えた午前10時頃から具体的な放送内容を詰めていく。CBCの場合、全国ニュース枠を除くと約2時間がローカルニュース枠だが、デルタ株が急拡大している第5波では、コロナ関連ニュースを取り上げる分数が連日20~30分になっている。従来のローカル報道では考えられなかった分量だ。私たち自身がコロナ禍の日常生活で知りたいこと、疑問に思ったことを取材し掘り下げることが、視聴者にとって有用な情報になるはず。そう信じて、問題に直面する東海三県の現場の取材を続けている。

【引き続き「放送エリア内でも次々に・・・」に続く】

この続きをみるには

この続き: 1,873文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。今後の『調査情報デジタル』にご期待ください。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。