<シリーズ SDGsの実践者たち> 第4回 ツバル外相が海中からスーツ姿で訴えた危機
見出し画像

<シリーズ SDGsの実践者たち> 第4回 ツバル外相が海中からスーツ姿で訴えた危機

調査情報デジタル
【このまま地球温暖化が進めば、ツバルの国土は「消失」する。環境問題が国家の存亡にすぐにも直結する島国の苦悩】

「調査情報デジタル」編集部

 国連で2021年11月に開催された、気候変動枠組条約の第26回締約国会議「COP26」。会議では南太平洋の島国ツバルが公開した動画が話題になった。

 動画はツバルのサイモン・コフェ外務大臣(トップ写真)が、海面上昇によって水没が懸念されるツバルの現状を淡々と説明し、気候変動への対策を訴える内容。ところが、スピーチの終盤、カメラがズームアウトすると、コフェ外相は海に浸かった状態でスピーチしていた。

画像1

 この動画で各国のトップに訴えたかったことは何だったのか。ツバルの現状はどうなっているのか。ツバル政府に取材を申し込むと、コフェ外務大臣が回答してくれた。今回は、ツバルに迫る危機について考えてみたい。

スピーチした場所はかつて陸地だった

「私たちは気候変動と海面上昇の現実を生きています。明日を守るために、私たちはきょう、勇気ある代替行動を取らなければなりません」

 スーツとネクタイ姿でスピーチ台の前に立ち、温暖化対策を訴えるサイモン・コフェ外務大臣。この動画を観た人は、最後の場面で驚く。ズームアウトによって映し出されたのは、海の中でスピーチをしているコフェ外務大臣の姿。ズボンの裾をまくりあげて、膝あたりまで海に浸かっている。

画像2

 この動画を撮影した場所は、かつては陸地だった。海面上昇がツバルに影響を与えた象徴的な場所のひとつだとコフェ外務大臣は説明する。

 「映像の中で、私の後ろに第二次世界大戦中にアメリカ軍が作ったコンクリート製の砲台が見えると思います。この砲台は陸地にあったのですが、海面上昇による土壌浸食のために、今では完全に海に囲まれました。

 ここは気候変動が私たちに与えた影響を分かりやすく示した例です。かつて陸地があった場所には、もはや何もありません。現在、ツバルの首都フナフティの中心部の40%は、満潮時にはすでに海面下になっています」

【引き続き「気温が2度上昇するとツバルは沈没する」に続く】

この続きをみるには

この続き: 1,933文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
調査情報デジタル
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。