東京オリンピックとはなんだったのだろうか ──不都合な事実とパラレルワールド──
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

東京オリンピックとはなんだったのだろうか ──不都合な事実とパラレルワールド──

 【未曽有のコロナ禍の中、「強行」された東京オリンピックを振り返り、総括する】

阿部 潔(関西学院大学社会学部教授)

 どこかあっけなく、なにか物足りなく、それでもそこそこ楽しまれ、けれどまったくスッキリすることなく終わった、この夏の世紀のメガイベント。今、わたしが抱く東京2020オリンピックの印象は、そうしたものだ。はたして、東京大会はコロナ禍で敢行されたスポーツと平和の祭典として成功したのか。危機のただなかでオリンピックを迎え入れた東京/日本で暮らす人びとは、世界中から若人が集った祝祭にどれほど盛り上がったのか。そうした問いへの単純明確な答えを容易に受け入れない複雑さと曖昧さが、今回のオリンピック開催には見て取れた。

開催までの道のり

 コロナ禍により一年延期された東京五輪は、それ以前からさまざまな混乱に見舞われていた【注1】。延期決定以降も、迷走は続いた。今年2月、大会組織委員会の会長を長く務めた森喜朗氏が女性蔑視発言の責任を問われ、橋本聖子氏に交代。開幕直前には、開会式の企画・運営において中枢を担ってきた複数のスタッフが過去の不適切な言動を理由に辞任・解任に追い込まれた【注2】。こうして開催年の2021年を迎えたもののコロナ禍の収束がまったく見通せず、期待されたワクチン接種も計画通りにはスムースに進まない社会情勢のもとで、多くの都民・国民はなにかしらモヤモヤ感を抱きながら世紀のイベントを迎えることを強いられたのである。各種世論調査が示していたように【注3】、開催を間近に控え東京大会に対して「反対」や「再延期」、さらに「無観客」での実施を求める意見が増加していったことも、そんなモヤモヤ感を後押ししたことだろう。テレビニュースなどで「街の声」として紹介された「こんな状況では、せっかくのオリンピックを素直に喜べないし、楽しめない」といった嘆きともぼやきともつかない言葉は、2021年7月23日の開会式直前まで広まっていた社会の空気を的確に示していた。
 ここで注目すべきは、そうした市井の人びとの喜べない/楽しめないとの心情吐露に二重性が見て取れる点である。一方で、これまでに起きた東京大会をめぐる数々の不祥事を前にして「わたし自身」が祝祭を手放しでは受け入れられない。それと同時に、東京を中心に日本各地でコロナ感染がいまだ深刻な状況であり続け「わたしたちみんな」が日々困難のもとで暮らしている最中に、たとえ「わたし」はオリンピックをどこか心待ちにし楽しみたいと思っていても、その気持ちをおおっぴらに表明することはどこかしら憚られる。巷に広まっていた「素直に喜べない」との声は、オリンピックを迎え入れる人びとが胸中にかかえた複雑な思いを巧みに捉えていた。

【注1】詳しくは、阿部潔,『東京オリンピックの社会学──危機と祝祭の2020JAPAN』,コモンズ,2020年を参照。
【注2】 開閉会式の音楽制作チーム・メンバーだった小山田圭吾氏が7月19日に辞任し、その直後調整役を担っていた小林賢太郎氏が23日に解任された。なおそれ以前にも、それまで開閉会式の演出総合統括を務めていた佐々木宏氏が女性蔑視演出の責任をとって今年3月に辞任している。
【注3】NHKの世論調査によれば、2021年5月は「反対」が49%、「無観客」が23%、6月は「反対」が31%、「無観客」29%であった。
【引き続き「開幕後の情勢」に続く】

この続きをみるには

この続き: 9,445文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。今後の『調査情報デジタル』にご期待ください。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。