札幌の「住宅地」にヒグマ出現、そのときメディアは
見出し画像

札幌の「住宅地」にヒグマ出現、そのときメディアは

調査情報デジタル
【クマが出没するなど考えられなかった住宅地にヒグマが現れ、被害が発生した。その時、地元の放送局は何を、どう伝えたか】

山﨑裕侍(HBC北海道放送 報道部編集長)

ヒグマ出没の第一報

 悪い目覚めだった。午前4時14分、枕元に置いてあるスマートフォンの着信音がけたたましく鳴った。

 「札幌市東区の路上にヒグマ出没」

 泊まり勤務の記者からの連絡だった。僕はこの日ニュース番組の編集長だった。札幌でもクマの目撃情報は頻繁にある。しかし周囲に山林のない東区の住宅街でヒグマの出没なんて聞いたことがない。何かの間違いではないかと思った。

 最初の通報は午前3時半ごろ。東区北31条東19丁目の路上で「クマが歩いている」との通行人からの110番だった。現場は札幌駅から北東に3キロの住宅街。学校や幼稚園、地下鉄の駅があり、高速道路も走っている。人口の多い地区だ。まだ市民からの通報のみで、警察が実際にヒグマを確認しているわけではないという。

 約197万人が暮らす札幌では去年31頭のヒグマの生息が確認されている。目撃情報が100件以上に上る年も多いが、山林に接している南区や西区に集中している。僕たちもそのたびにカメラを出すが、多くの場合、ヒグマはすぐに山へ戻ってしまう。見間違いと思える通報も少なくない。

 午前4時半ごろ、泊まり勤務だった大内孝哉カメラマンが現場に着いた。タクシーに乗ったまま目撃通報があった現場を走るが、ヒグマの姿は見当たらない。

 大内カメラマン
 「ヒグマが出た住所が札幌の中心部でとても信じられなくて、最初は誤報じゃないかと思いました」

 僕は泊まり記者に「もしヒグマがいる可能性が高いなら空撮を出して」と指示し、会社へ行く準備をした。続けてもう一人に連絡をとった。幾島奈央記者だ。ヒグマ取材の経験豊富な記者で、万が一本当にヒグマが住宅街をウロウロするようだったら彼女の力が必要だと思った。「いつでも出られる準備をしておいて」と告げると、彼女は大して驚きもせず「わかりました」と短く答えた。

 幾島記者
「ヒグマは札幌の住宅街にいつ出てもおかしくないと思っていたので、すぐに準備して現場に向かいました」

ヒグマ発見

 午前5時半、会社に着いた僕は現場のカメラマンが中継機材を持っていかなかったことを知り、急いで手配した。ローカルで朝の生番組を放送している他のテレビ局が「クマ出没」のニュースを伝えているが、ヒグマの映像を流しているところはまだなかった。

 午前6時すぎ、現場の状況を聞こうと大内カメラマンと電話でやりとりしていたときだ。電話口から突然「いた!いた!」という声が聞こえた。

【引き続き「緊迫するヒグマ取材現場」に続く】

この続きをみるには

この続き: 4,967文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。今後の『調査情報デジタル』にご期待ください。
調査情報デジタル
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。