見出し画像

東京オリンピックの注目ポイント

【様々な議論の中、東京オリンピックが近づいている。注目すべき競技、アスリートは?スポーツライターによるナビゲーション】

佐藤 俊(スポーツライター)

 7月23日からいよいよ東京五輪が開幕する。
 大会前は開催の是非を含めていろんな声が上がったが、これからは各競技で選手の活躍に期待が膨らむ。東京五輪では33競技339種目が行われるが、その中でも注目すべき競技、選手を選んでみた。

男子サッカー、メンバーは「過去最強」

 まず、大会開幕前の22日にスタートする男子サッカーだ。
 メキシコ五輪以来、53年ぶりのメダル獲得を目指す男子サッカーは、U-24日本代表が出場する。U-24日本代表になっているのは、FIFA(国際サッカー連盟)がW杯との差別化を図り、五輪を通常23歳以下の代表と規定しているからだ。今回は1年延期になったので、24歳以下の選手での編成になっている。
 18名という少数精鋭での戦いになるが、チームの主力は久保建英、堂安律らの9名の海外組に加え、昨年Jリーグ優勝に貢献し、ブレイクした三笘薫、田中碧らの国内のJリーグでレギュラーポジションを獲得している選手が名を連ねている。ここに年齢制限がないOA(オーバーエージ)として吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航が入っている。彼ら3人はいずれも日本代表の中心選手で、吉田は北京五輪、ロンドン五輪に次いで3大会目となり、酒井はロンドン五輪に次いで2回目、遠藤は前回のリオ五輪の時のキャプテンで実力も経験もある選手だ。
 90名以上の候補選手の中から選ばれ、かつ実力者が集まったことでチームは「過去最強」との呼び声が高い。ロンドン五輪で4位を経験した吉田も「今回のチームの選手は若いが経験もあり、力もある。メダル獲得に向けて楽しみなチームになった」とチームの可能性を高く評価している。

【引き続き、「陸上男子リレー、柔道、女子卓球」に続く】

この続きをみるには

この続き: 5,396文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。