コロナ禍が日本と日本人にもたらしたもの
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍が日本と日本人にもたらしたもの

【経験の乏しい感染症危機に直面した日本。「自粛と要請戦略」は正しく機能したか。国民の不安が取り除かれなかった要因を考察する】

西田 亮介(東京工業大学准教授)

乏しかった感染症危機の経験、対策、備え

 1年半近い期間に渡ってコロナ禍が続いている。感染は拡大と縮小を繰り返すことから、波に例えられることがある。本稿執筆時点は第5波の渦中にあるとされ、まだ収束がいつになるのかは見通し難い事態が続いていることになる。
 コロナ禍は国民生活、経済、政治に多大な影響を与えており、明らかに歴史に刻まれる全世界的危機と化した。日本列島に暮らす我々が幾度も経験してきた危機の代表例は地震災害だ。不幸なことだが、これまで幾度も震災を経験したことで、日本の震災対策は相当細やかな配慮と改善がいまも続いている。
 それに対して感染症危機の経験、対策の蓄積、備えは乏しく、政府も社会も対応が追いついていないことは認めざるをえないはずだ。残念ながら、危機対応政策は経験回数や頻度が多いものほど諸対応が進み、備えの必要性に対する社会的合意も取りやすいものとなることが経験的に知られている。全世界的で、長期化する感染症危機に対する経験的蓄積はやはり乏しかった。政府行動計画や演習は行われてきたが、社会は危機になれておらず、また早期に新型インフルエンザ等の経験や蓄積を棚卸しすることに失敗した。

【引き続き「コロナ禍の新規性」に続く】

この続きをみるには

この続き: 5,453文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。今後の『調査情報デジタル』にご期待ください。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。