新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

データからみえる今日の世相~楽しいと感じる時間

【コロナ禍により様々な「我慢」を強いられている現在。人々はどういった時間を「楽しい」と感じているのか】

江利川 滋(TBS総合マーケティングラボ)

 この原稿を書いている2021年6月20日。新型コロナウイルス対策で政府が4月23日に出した3回目の緊急事態措置が、沖縄を除く9都道府県で期限を迎えました。東京都では1回目が昨年4月7日~5月25日、2回目が今年1月8日~3月21日、そして3回目と今年に入ってずっと緊急事態という感じ。
 昨年末ごろから再び感染者が増えてしまったので、マスク・手洗い・3密回避に気をつけつつ、いろいろ我慢を強いられることが続いています。
 コロナ禍が過ぎたら、旅行もしたい、レジャーも楽しみたい等々、やりたいことが様々あると思います。そんな鬱憤晴らしや趣味のことなどもふくめて、あなたが「楽しいと感じる時間」は何をしているときでしょうか?
 それを調べたのがこの5月のJNNデータバンク東京地区追加調査です。

【引き続き、「老若男女でこんなに違う<楽しいと感じる時間>」に続く】

この続きをみるには

この続き: 1,869文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。