“マス”でありながら少人数。小さな放送局の取材方法はコロナ下でどう変わったのか
見出し画像

“マス”でありながら少人数。小さな放送局の取材方法はコロナ下でどう変わったのか

調査情報デジタル
【全国の地上波放送局の中でも最少といえる人員で日々の報道を続ける富山チューリップテレビは、コロナにどう立ち向かい、コロナから何を得たのか】

安倍太郎(チューリップテレビ・報道デスク)

 コロナ下における報道について、詳細な事例や放送局としての取り組みをこれまでいくつもの放送局がまとめて来ています。今回は平成新局と呼ばれ、全国数多ある放送局のなかでも最少といえる人員で報道部門を切り盛りしているチューリップテレビの、ここ2年の実情から、取材方法の変化と解決に至っていない課題たち、そして“気付き”を記録しておきます。

撮影方法の制約と変化

 テレビ局の取材とは、たいていが記者・カメラマン・音声マン(場合によっては移動のための運転手)という取材クルーによってなされるイメージがあるかと思います。しかし地方局では、記者とカメラマンのみであることも多々あり、さらにチューリップテレビでは記者がひとりで車を運転して取材に赴き、メモをとりつつカメラで撮影するケースも当たり前で、毎日のニュース取材のなかでそれなりの分量を占めています。

 さて、コロナ下では、取材対象者のインタビューでも距離をとる必要があります。記者がもったカメラを直接対象者に向けて話を聞く形は、距離が近すぎるため避けなければいけません。そのためインタビュー(囲み取材、ぶら下がりと呼ばれるもの)が発生するものはカメラマンを優先的に配置。それでも足りない場合は、クリアな音質でなくても記者が遠くからカメラを向け音声を録る形になり妥協したと言わざるを得ません。

1④ 画像② 距離を取った取材

 また、企画取材などでは対象者と距離をつめた車内での撮影なども多用されてきましたが、それもできなくなりました。しかし、この制約は、安易に対象者との物理的な距離を縮めて内心に迫るという演出に陥るのではなく、取材対象者の本心や本音をどのようなシチュエーションで聞き映像で切り取るのか考えるきっかけとなり、演出を豊かにする一助になると感じられます。

【引き続き「会見取材、専門家取材の変化」に続く】

この続きをみるには

この続き: 1,897文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。今後の『調査情報デジタル』にご期待ください。
調査情報デジタル
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。