新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

VUCAの時代からニューノーマルの時代へ~コロナ禍でわかった「デジタル後進国」日本の課題

【コロナ禍でわかった日本のデジタルの後進性。デジタルトランスフォーメーション(DX)とニューノーマル時代への備えは待ったなしだ。グーグル日本法人元代表の論考】

辻野晃一郎(アレックス株式会社代表/グーグル日本法人元代表)

失われた10年の振り返り

 この10年余で日本も世界も激変した。今や、いわゆるGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の4社を合計した時価総額は700兆円に迫り、他にも完全復活を遂げたマイクロソフトや自動車の再定義を進めるテスラ、動画配信で急成長するネットフリックス、シェアリングの先鞭をつけたウーバー・テクノロジーズなどを加えるとこれらの時価総額合計は1,000兆円を超える。
 私は新卒で入社して20年余勤務したソニーを2006年に退社し翌年グーグルに加わったが、グーグルの第一印象は「こんな企業には日本の名だたる企業が束になっても到底かなわない」というものだった。同時に、当時ソニーの将来に対して抱いていた強い危機意識は、日本の製造業、産業界、さらには国家に対する危機意識へと一気に高まった。このままでは、世界における日本の産業競争力は弱体化を続け、国家としての存在感すらあっという間に薄まっていくのではないか、という底知れぬ恐怖感に襲われたことを覚えている。
 そしてその後の10年で、私がその時に感じたことが次々に現実になってきたように思える。実際、上記GAFAの時価総額だけをみても、日本の国家予算100兆円やGDP 550兆円をはるかに超え、マイクロソフトを加えた5社で比較すると、東証に上場するすべての企業の時価総額を足し合わせても及ばない。まさに一国の存在感を超え、日本企業が束になってもかなわない状況が現実化した。
 ソニーもソニーグループと名を変え、ひところの苦境を脱して最高業績を記録するまでに復活しているが、その時価総額は13兆円ほどだ。日本企業で時価総額トップのトヨタ自動車、2位のキーエンス、3位のソニーグループ、4位のソフトバンクグループを加えたトップ4社の総額は70兆円程度に過ぎない。
 戦後の高度成長期を経て、米国に次ぐ世界第2位の経済大国に上り詰めた日本がGDPにおいて中国に抜かれたのが2010年、東日本大震災に見舞われたのが翌2011年だが、リーマンショックがあった2008年から2011年あたりにかけては何か大きな時代の変曲点だったような気がする。このころから、世界は大きな変化の波に晒されてVUCA(Volatility, Uncertainty, Complexity, Ambiguity)とも呼ばれる混迷の時代を迎えるに至り、その中であたかも坂道を転がり落ちるかのような日本の凋落が目立つようになった。
(*時価総額とドル円レートは執筆時点の2021年6月21日の数字で計算)

【引き続き、「コロナパンデミックが意味するもの」に続く】

この続きをみるには

この続き: 6,727文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。今後の『調査情報デジタル』にご期待ください。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。