<シリーズ SDGsの実践者たち>   第1回 パラリンピック開会式のステージアドバイザー・栗栖良依さん
見出し画像

<シリーズ SDGsの実践者たち>   第1回 パラリンピック開会式のステージアドバイザー・栗栖良依さん

【SDGsが目指す「誰一人置き去りにしない」世界。その世界を象徴したのが東京パラリンピックの開会式だった】

「調査情報デジタル」編集部

 SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)は、国際社会が共通して抱える課題を17の目標として掲げ、2030年までの解決を目指している。課題のテーマは貧困・格差の解消から地球環境、生活に関わることまで幅広い。

 SDGsが目指すのは「誰一人置き去りにしない」世界。それを具現化したパフォーマンスが、2021年8月に東京から世界に向けて発信された。東京2020パラリンピックの開会式だ。プロのダンサーらとともに、公募で選ばれた障害のある人が75人出演。「片翼の小さな飛行機」が飛び立っていくまでのストーリーが、多様性と調和を体現しながら描かれた。

 この開会式の仕掛け人が、ステージアドバイザーを務めた栗栖良依さん。障害のある人のパフォーマンスを支援できる存在として、2016年のリオデジャネイロパラリンピックの旗引き継ぎ式に続いて、東京2020パラリンピックの開閉会式を支えた。栗栖さんは「どんなに重い障害があっても、本人が出たいのであればパラリンピックに参加できる状態を作りたかった」と話す。

 シリーズ「SDGsの実践者たち」では、SDGsが実践されている現場を通して、2030年に見えてくる景色について考える。1回目はパラリンピックの開会式をどのように作り上げたのかを栗栖さんに聞いた。

※トップの画像は開会式当日本番前の栗栖良依さん(左)と「片翼の小さな飛行機」を演じた和合由依さん

【引き続き「障害のあるパフォーマー75人が出演したパラ開会式」に続く】

この続きをみるには

この続き: 5,040文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。