コロナ収束 今後のシナリオ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ収束 今後のシナリオ

【現下のコロナ禍収束の後、われわれはどのような社会を生きることになるのか。2030年の世界を、ジンバブエ、ハイチで長期に感染症対策に従事した長崎大学教授が考察する】

山本太郎(長崎大学熱帯医学研究所)

 中国武漢で発生した今回の新型コロナウイルス感染症が汎世界的に流行(パンデミック)して、約一年半が経過した。この間、世界全体で見れば、2億2000万人を超える感染者と450万人を超える死亡者がでた。日本でも、五回にわたる流行の波と166万人の感染者が報告されている(2021年9月20日現在)。しかし一方で、逆説的だが、各地でワクチン接種が進み(世界全体では、58億回を越えるワクチン接種が既に行われている。ただしこれは、二回接種が完了した人数とは異なるが)、新型コロナウイルス感染症収束に向けての動きが見えてきたようにも見える。
 もちろん、変異株によるブレークスルー感染(二回のワクチン接種が完了して二週間以上経過後に起こる感染)が報告され、ワクチン接種の進展にもかかわらず、感染者の減少に歯止めがかからないといった報告もある(アメリカやイギリス、そして世界で初めて国家レベルでワクチン接種を進め、人口の半数以上が二回の接種を終えたイスラエルなどから)。しかし重症者数の減少は明らかであり、また、重症になって死亡する人の数も減少している。
 そこで本稿では、これまでにわかった知見をもとに、今後想定されるシナリオを提示し、私たちの前にどのような世界が現れてくるか考察してみたい。まずは、集団免疫と収束について、次いで2030年とそれ以降の世界について考えてみたい。

【引き続き「ワクチン接種と収束について~2030年の世界」に続く】

この続きをみるには

この続き: 4,245文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。