2021年度上半期 ドラマ座談会前半(4月クール)~新聞社の放送担当記者3名による座談会
見出し画像

2021年度上半期 ドラマ座談会前半(4月クール)~新聞社の放送担当記者3名による座談会

【コロナにめげず、テレビドラマの制作者たちは多くの名作、話題作を作り続けてきた。それらの作品を、テレビドラマの「見巧者」である放送担当記者3名が語る】 <この座談会は2021年9月14日に行われたものです>

印象に残った「大豆田とわ子と三人の元夫」

編集部 4月ドラマと7月ドラマ、大きく二つに分けてお話を伺いたいと思います。まずは4月から6月にかけて放送されたドラマについて、この作品がよかったとか、印象に残ったとか、いかがでしょうか。

 「大豆田とわ子と三人の元夫」(関西テレビ)が僕はとても好きでしたね。以前、松たか子さんが出ていて、坂元裕二さんが脚本を書いた「カルテット」(TBS)というドラマが好きで見ていたんですけど、その二人が再びタッグを組むというので楽しみにしていました。松たか子さんと三人の夫という「四人」の物語なので、新たな「カルテット」のような感じで、すごく楽しめました。
 「松たか子作品にハズレなし」と言われていますけれども、まさにそうだという気がします。会話のテンポがすごく大事なんですよね。坂元さんの脚本もいいですし、それを生かす会話のテンポ、四人の関係性がとてもよくて、松たか子さん自身のキャラクターづくりもすごく魅力的でいいなと思いました。

 お笑いの角田晃広さん(東京03)の「器の小ささ」みたいな部分が、今までは芸風で演じていた感じがあったんですけど、「三人の夫」の場合はそれが新たな魅力として出ていて、すごくよかったです。
 松たか子さんは、やはり面白いというか、うまいなと思いました。コメディアンのお笑いを受けて、それを笑いにするのは、やはりすごい女優さんですね。何で視聴率が伸びなかったのかな。一話で完結しない、そういう理由もあるのかな。ちょっとそれが不思議だなとは思いました。

 僕も「大豆田」はかなり好きというか、この座談会のお話を聞いたときに、「大豆田」があるな、と思った作品の一つでした。
 松たか子さんの娘役で豊嶋花ちゃんという子が出ていました。個人的には、昔「キッドナップ・ツアー」(NHK)の子役として出たときの印象が強かったんですけれど、ちょっと大人の女性というか、若い子に育って、当時と同じくらいの存在感を出しながら、娘役としてお芝居をされていたのが、すごく印象に残りました。

 俳優でいうと岡田将生さんが、キザな、イヤな男みたいなところもある役を演じていて、最近、イヤな男が結構うまくなってきたなという感じがしています。今「ドライブ・マイ・カー」という映画が公開されていて、そこでもイヤな男を演じている。イケメン俳優からちょっと脱皮してきたというような、岡田将生の新しい魅力が出てきている気がしました。
 もう一つ、伊藤沙莉さんがナレーションをやっているんですけど、あえてあの声の人をナレーションに起用したというのも成功の要因として一つあるのかな、面白いなと思いました。伊藤沙莉さんはアニメ映画の「ペット2」でも声優をやっていますけれど、それに続いて声の仕事で、低音の特徴的な声が生かされていると思いました。

編集部 一方「大豆田とわ子」については、よくわからない、筋がないという声もありましたが。

 ストーリーを追うというだけじゃなく、雰囲気を楽しむというのもドラマの楽しみ方としてあると思いますし、あの空気感は、新たな「カルテット」と言いましたけど、四人の関係性を楽しむという感じはしましたね。

 おっしゃるとおりで、坂元裕二さんは、「カルテット」もそうですけれど、会話劇が魅力な脚本家だと思うのです。出演者の雰囲気で、かけ合いとかそういったものも一つ見どころなので、個人的には、わからないとかそういったことはないという感じでした。

編集部 明確なストーリーがないとイヤな人もいるのでしょうか。

 僕はそんな感じ。(笑)わかりやすいのがウケる。最近でも、「正義」とか「政治」がやっぱりウケる。コロナでちょっと疲れて、分析するという余裕がなくなっているのかもしれないですね。視聴率も、それでということがあるのかもしれない。

【引き続き、「コントが始まる」「リコカツ」に続く】

この続きをみるには

この続き: 6,905文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。今後の『調査情報デジタル』にご期待ください。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。