見出し画像

「寺内貫太郎一家」が輝いた時代

 【小林亜星さんが亡くなった。小林さんが俳優として大きな存在感を示した「寺内貫太郎一家」、今も多くの人の記憶に残る名作ドラマの内実と「新しさ」に迫る】

小林 竜雄(脚本家)

小林亜星さん、逝去

 5月30日、ドラマやCMの名作曲家と知られた小林亜星が心不全で亡くなった。88歳だった。新聞やテレビのニュースではその死は大きく取り上げられたが、その多くで「北の宿から」や「ピンポンパン体操」などの大ヒット曲とともに、いや、それ以上に俳優として主演した大ヒット作「寺内貫太郎一家」のことが大きく取り上げていたことが目立った。
 「寺内貫太郎一家」は1974年(昭和49年)、TBSで1月から10月まで毎週水曜の〈水曜劇場〉で放映されたもので午後9時から1時間の連続ホームドラマであった。もう47年前のドラマだが、忘れられないものになっているのは凄いことだ。
 この番組の印象が強かったのは貫太郎という東京、谷中で石屋をやっている頑固親父の印象が強烈に残っている視聴者が多かったということだろう。小林亜星扮する貫太郎はイガグリ頭で巨漢、法被に腹巻に地下足袋という姿で異彩を放っていた。この時、亜星は作曲家として知られていたが役者としてはまったくの素人だった。それが堂々とゴールデンタイムの連続ドラマの主役を張ったのでその意外性に世間は大いに驚いたものである。当時、大学生だった私はリアルタイムで第1回から見ていたが、最初は見慣れた役者たちに交じって亜星だけがセリフは聞き取りにくく、動きも鈍く、食べるシーンもセリフとともに唾が飛んでしまうのでまともに見てはいられなかった。しかし、回を重ねるにつれ娘思いの人情家の面が強く描かれてきたので慣れていったものだった。

【引き続き、「向田邦子がイメージしたもの」に続く】

この続きをみるには

この続き: 4,360文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。