フェイクニュース対策としてのメディアリテラシーの有効性と限界を考える
見出し画像

フェイクニュース対策としてのメディアリテラシーの有効性と限界を考える

調査情報デジタル

【フェイクニュース対策としてのメディアリテラシーはどこまで有効なのか。そもそも偽情報・誤情報対策の目的は何なのか。そこまでさかのぼって考えた時に見えてくるものは】

小笠原 盛浩(東洋大学社会学部教授)

この続きをみるには

この続き: 8,200文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
調査情報デジタル
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディア等に関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。