データからみえる今日の世相~お正月には何をする?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

データからみえる今日の世相~お正月には何をする?

調査情報デジタル
【お正月の行事といえば定番のものが思い浮かぶが、実は行われなくなっているものも多い。あなたはどれとどれを実行していますか?】

江利川 滋(TBS総合マーケティングラボ)

 年も改まりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 一昨年から始まったコロナ禍で昨年のお正月は帰省もできず。その後、感染第5波が落ち着いたものの変異ウイルス・オミクロン株の広がりが相まっていて、どう行動するのかも人それぞれ、手探り状態です。

 昨年に続きいつもと違うお正月をお過ごしの方も多いかも知れませんが、そもそも「いつものお正月」って何をするものでしょうか?

「世の人々は正月に何をしているのか」などというと「そんなの決まってるでしょ、アレとコレと…」と思い浮かぶことが多々ありそうです。
 ところが、意外と行われなくなっている行事もあるんですね。それを示すのがTBS総合嗜好調査のデータです。

新年の行事は「西高東低」「老高若低」

TBSテレビが東京と阪神で実施しているTBS総合嗜好調査では、1980年から「あなたまたはお宅でかかさずなさる行事」を毎年質問しています。
 季節ごとの様々な年中行事や「家族の誕生日祝い」などの選択肢(当初は20個、現在は40個)から、当てはまるものをいくつでも選んでもらいます。

 この「欠かさずする行事」質問の最新結果(2021年10月実施)から「お正月の行事」を取り出して、東京・阪神それぞれで、若・中年層(13~59歳)と高年層(60~74歳)の比較をしてみたのが次の図です。
 なお、図の項目は東京の若・中年層で多い順に並べてあります。

欠かさずする年始の行事+

【引き続き「欠かさずする年始の行事」分析に続く】

この続きをみるには

この続き: 1,854文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
調査情報デジタル
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。