放送継続の15日間 ~職場クラスター下の報道現場~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

放送継続の15日間 ~職場クラスター下の報道現場~

【青森のテレビ局でクラスターが発生した。逼迫した状況、限られた人員の中で、放送の継続さえ危ぶまれた苦闘のレポート】

鎌田 裕一(青森テレビ 報道制作部長)

テレビ局でのクラスター発生

 「青森県はきょう、男女あわせて14人の新型コロナウイルス感染確認を発表しました。このうち2人は青森テレビの社員で、社内の感染者はこれで6人となり、クラスターが発生しました。」
 3月16日、青森テレビの夕方の報道番組の冒頭、女性キャスターが伝えたニュースである。マスクで口を覆った彼女の隣に、いつもの男性キャスターの姿はない。画面から伝わってくるのは非常事態そのものだった。
 事の発端は5日前に遡る。本社内で2人の感染者が確認されると、次々に新規感染者が発生し、1週間後には10人にまで膨らんだ。また、青森テレビを由来とする感染ルートが別に2つ確認され、我が社の感染状況は連日、県民の関心を集めることになった。これに加え、先の男性キャスターを含む従業員28人が濃厚接触者に認定され、最大38人が出社停止となった。僅か百数十人の地方局は一時、約3分の1に当たる人員を欠くことになったのである。

【引き続き「大きな混乱、相次ぐ取材拒否」に続く】

この続きをみるには

この続き: 1,813文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。