データからみえる今日の世相~高校生が今いちばんほしいもの
見出し画像

データからみえる今日の世相~高校生が今いちばんほしいもの

【若者の〇〇離れと言われ続けて久しいが、一方、高校生が今自分用にほしいもののトップは、その〇〇だった。一体なぜ】

江利川 滋(TBS総合マーケティングラボ)

 今どきの若者はテレビを見なくなった、という話を聞くことがあります。

 近いところでは、NHK放送文化研究所「国民生活時間調査」を報じた新聞記事に「10代・20代の半数、ほぼテレビ見ず」(朝日新聞、2021年5月22日付朝刊)という見出しがありました。
 1960年から5年ごとに全国規模で実施されているこの調査。最新結果(2020年10月実施)では、平日にテレビを15分以上視聴する人の割合は全体で79%と8割を切り、16~19歳では47%と半数を割り込んだそうです。

 テレビ局勤めの筆者としては頭の痛い話ですが、別の調査で「おや?」と思うデータがありました。
 高校生で「自分用にほしいもの」の1位が「テレビ」だったのです。

【引き続き「高校生が自分のためにほしいもの、それはテレビ」に続く】

この続きをみるには

この続き: 2,383文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。