新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

『コロナ禍の奇跡』 ~スターズオンアイス2021 2年越しの開催までの決断~

 【コロナ禍で開催できなかった「スターズオンアイス2020」。苦渋の選択で延期した「2021」にも中止の危機が。数々の危機を乗り切ったスタッフの苦闘と、彼らに訪れた『奇跡』とは】

知久 学(TBSテレビ 「スターズオンアイス」総合プロデューサー)

 『スターズオンアイス』
 1986年アメリカで誕生した世界最高峰と称される国際的アイスショーだ。最大の見所は世界中の超一流選手たちによるグループナンバー。豪華絢爛な夢の競演はこのショーでしか味わうことが出来ない。TBSは2014年からこのアイスショーを主催している。

忍び寄るコロナの影

 2020年1月
 スターズオンアイス2020の主な出演者を発表。そこには6年振りにこのアイスショーに帰って来た羽生結弦選手をはじめ、宇野昌磨選手、紀平梨花選手、ネイサン・チェン選手といった文字通り世界のスター選手たちがその名を連ねていた。中でも羽生結弦選手はTBSが主催して以来一度もこのショーには出ておらず、彼の出演は我々関係者全員の悲願でもあった。
 スター選手が勢揃いした効果は絶大で横浜アリーナでの4公演分、約32000席のチケットを求めて抽選申し込みが殺到、争奪戦が繰り広げられた。それは我々にとってこのショーへの大きな期待を改めて実感した瞬間でもあった。
 だがその時、すでに新型コロナウイルスの脅威がすぐそこまで迫っていることに我々はまだ全く気付いていなかった。

【引き続き、「苦渋の選択と、突然の電話から始まった<奇跡>」に続く】

この続きをみるには

この続き: 4,567文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。これからもより有益な情報発信に努めます。
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。