ラジオに課せられた今後の課題
見出し画像

ラジオに課せられた今後の課題

調査情報デジタル
【AMラジオはFM放送への転換を迫られている。なぜ転換するのか、その理由と今後の課題を通じて、ラジオの未来像を描く】

入江 清彦(TBSラジオ アドバイザー)

AMからFMへ、その理由は

 TBSラジオ開局70周年記念特別番組が流れる社のデスクで今この原稿を書いている。
 70年前の1951年12月25日にTBSラジオはAM放送をスタートさせた。全国には70周年を迎える民放AM局も数多い。70年もの時を経て我々民放AM局の多くはAM放送を終了させFM放送に転換する方針を選択した。多くのAM局は80周年をFM局で迎えるであろう。

 何故AM局のままで居られないのか?
 
 高速を走っていると、赤白に塗り分けられた遥か高い鉄塔をちょいちょい見かける。これらがAMアンテナであるが、AMの長い歴史とともに老朽化による更新時期が迫っている。高さ100mを超える巨大アンテナは同じ敷地内では放送を続けながらの建て替えは不可能であり、かといって新たな敷地の調達は近隣住民への了承も含め日本の多くのエリアで困難である。となれば、AM放送は現在のアンテナの寿命とともに尽きることになる。

 もう一つの理由は、現在全ての民放AM局は都市難聴、外国波混信、災害対策などでFM補完放送をサイマルで実施しているが、この結果、収入は変わらずコストはダブルとなり、これがAM局の経営を大きく圧迫し続けている。

 果たして、将来に向けた我々AM社の選択はAMに比べ設備更新も容易で安価なFMへの一本化しか無かった。

【引き続き「FMへの転換は国策ではない」に続く】

この続きをみるには

この続き: 2,007文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
メディアのありようが鋭く問われている現代。メディアの果たすべき役割は何か? メディアの現場では何が起きているのか?メディアの発するメッセージは誰に、どのように受け止められているか。ドラマ、バラエティなどエンタテインメントの話題もあわせ、幅広い情報をお届けします。

TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報…

ありがとうございます。今後の『調査情報デジタル』にご期待ください。
調査情報デジタル
TBSが1958年に創刊した情報誌「調査情報」が、デジタル版の定期購読マガジンとしてリニューアル。テレビ、メディアに関する多彩な論考と情報を掲載。最新号のみ有料(200円)ですが、バックナンバーは常に無料でお読みいただけます。