定期購読マガジン「調査情報デジタル」

3度の緊急事態が出された 大阪・関西の現場から

3度の緊急事態が出された 大阪・関西の現場から

【コロナ禍で注目を集めた大阪府。地元メディアはどう向き合ったか。首長の発言をただそのまま伝えたことにも課題は残る】 米澤飛鳥(毎日放送報道局ニュースデスク) はじめに 「感染者数全国最多」「重症病床使用率100%超」「保健所介入前に自宅で死亡」、第4波の渦中だった今年4月から5月。MBSは関西、とりわけ大阪について連日厳しいニュースを発信してきた。日々刻々と状況が変わる「コロナ禍」。MBSの報道現場はどう向き合い、伝えようとしてきたか。日々頭を悩まし続けている1デスクの立

4